特Qさんの號(ごう)

友人の看護師が、少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。ラクそうな病院に見えたのに、なぜ?とその理由を聞いてみると、「暇すぎた。仕事をバリバリこなしたい」といったことでした。世間には、働きたくないと願う人が多い中で、彼女のような人間もいるものなのですね。どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。その理由としては、仕事を滞りなくこなすためなどでその職にしか使えない言葉が使われています。看護士でも同じように業界用語が使用されています。一例として、心マは心臓に刺激を与える、ギネというのは婦人科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使用して業務を進めています。ナースは病棟の同僚と飲みに行くことがあります。病院は忙しいので、みんなが集まることは困難ですが、なんとか合間を縫ってみんなで飲みに行きます。病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、言いたいことがたくさん言えて飲み会は大盛況です。看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生働きやすい仕事であるなんていわれています。妊娠により一回休みを取ったとしても、復帰しやすい職種なのです。高いレベルの専門性が産休後に復復職がしやすいことに関わっているといえるでしょう。就職先に困ることがないとされるわりに、離職の割合が高い仕事でもあります。世間のイメージとは裏腹に、看護師の初任給は安いです。実際に病院に入院して看護師ウォッチをしてみると、重病な患者が入院治療中でなければ、定められた時間に一定の作業をするだけですが、その作業だけでも結構大変です。多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、いつも以上に激務となってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。看護師は挑戦しがいのある仕事だといわれています。現在は、どの仕事でも一対一で人とかかわることが多いとはいえません。そんな中で看護師は他人と深くかかわることができ、支えることができるという点で手ごたえを感じる方が少なくないのでしょう。看護師は主に病院で働いていますが、医療行為だけしていればいいわけではないのです。例えば、病気やケガで、体が不自由な患者さんの手助けもしなければならないので、病院の中でとても多忙に作業しているのです。厳しい労働の割には、収入は良くなく、体を壊してしまうほどのストレスを感じることもありました。いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは大事な職務といえます。日頃、厳しい現場で業務を行っていると、耐え切れないほどの心の負担に陥るときもあります。看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、非常に強い緊張感にかられることも多く、ストレスをなんとか消化させる工夫も大切だといえるのです。実際、看護師さんは重労働です。くれぐれも過労死をしてしまわないように気をつけた方がいいでしょう。条件が希望に沿っていなければ職場を変えることを検討してください。長期治療の必要な病気になれば、働くことすら、困難になります。ご自身の体は周囲の誰も守ることができません。看護師が転職する際に重視する項目にはいろんなケースがあるでしょう。例を挙げると、最先端医療や高度な医療技術の習得と場数を多く踏むために、特殊技術を持つ病院に転職したいというきっかけもあるようです。それに、結婚、出産などによる家庭の事情によって新たな職場を探すケースも多くあります。私の友達の看護師が退職するか続けようかで迷っていると相談を持ちかけてきました。彼女はちょっと前に結婚したのですが土日祝日も仕事で、土日休みの夫と休日が合わず、なかなか一緒にいられない生活が続いているようです。子供も欲しいし、しかし、仕事を辞めたくないしと悩んでいました。看護師の就業人数が足りないという病院も少ないとは言い切れないため、もう一度、就職することはいいことでしょう。ただ、ある程度以上に退職からの期間が長いと再就職できるか心配しますね。そんなときは、再就職のネット相談所などを上手に利用して相談ができるサービスを役立てましょう。私の叔母にあたる親戚が、とうとう離婚をして出戻ってくることになりました。久方ぶりに会った思っていたより叔母は元気そうで、「看護師の資格があるのだから、仕事に困ることはない。あんな男の世話になんかならなくても食べていくことくらいできるわ」と吹っ切れたように笑っていました。入院している知人の顔を見に行ったのですが、看護師が患者の対応に追われている姿を頻繁に見かけました。患者の中には、頻繁にナースコールをしなければならない人も多数います。看護師さんは、お見舞い客の立場でみる範囲でも、日々苦労が絶えません。看護師って医療機関での仕事で手堅い仕事な印象ですが、けっこうしんどい仕事の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。婦長クラスにまであがったらともかく、大多数の人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。安月給でイヤになり、辞職してしまう看護師も滅多にいないわけではありません。日本全国の病院等では、長きに渡りずっと看護師不足の状態が続いています。そのため、就職、転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場であると説明できます。看護師資格を取得していれば、自身の希望や適正に合った職場を割と容易に選ぶことができます。退職金に関心を持っている看護師もいるのかもしれません。国立や県立の病院だと、たくさんもらえます。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。規模が小さい病院の場合は、退職時に支払われるお金は多くありません。やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、大分部の人にとっていいとは限りませんが、大規模な病院の方が待遇が優れています。看護師を辞職したいと思っている人は、現実には、かなりの数になるでしょう。最も大きな理由としては、きつすぎる労働で体の調子が悪くなってしまったり、給与について不満に思っていたり、職場の複雑な人間関係で精神的に逃げ場を失ってしまったりというケースが大方です。私が看護師という職業に就きたいと思うに至った志望動機は、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱えるクランケの手助けをする、この職業のやりがいを感じたためです。私自身も過去に入院したときに、看護師さんのお世話になり、私が看護師として、クランケのサポートをしたいと決意しています。病院や医療施設などで看護師が仕事をする時、配属先は、とても大切なポイントです。例えば、同じ医療施設で仕事をするケースでも任命される診療科によって、仕事内容がかなり違ってきます。自分が希望する仕事が割り当てられたなら問題は発生しませんが、得意ではないと感じる仕事の内容だと仕事をなかなか理解できないケースもあり得ます。看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が例として挙げられます。透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う配属先といえます。献血センターなどもこの科に当てはまります。同じような作業の繰り返しで採血のテクニックが上達しますし、人の命にかかわるような仕事もあまりありません。採血は、どの科でも必要となるので、この先、どの科に配属されても有益です。派遣という立場で、看護師が仕事をする際には、利益や不利益があるのです。良い所はそれほど長期にわたって働く必要がなく、自分の都合や条件に沿って自由に別の職場に変われることです。悪い部分は、昇給やボーナスがないので、長期にわたる勤務には適さないことでしょう。実際の看護師の仕事は患者さんの治療関連の仕事のみならず、身辺のお世話まで、やっています。クリニックで、看護師さんほど忙しい担当者はいないのではと考えます。だから、忙しい看護師さんの仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。世間一般では、看護師の仕事は厳しい仕事だと認識されています。というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、慢性的に人手が足りない状況により仕事をする時間が長引いてしまう傾向にあることが原因です。長い勤務時間に加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。それ以前は男性の看護士に限定して、士という漢字が、用いられていました。ですが、現在は男でも女でも、看護師の仕事をしていれば、師と言う漢字を使うことになっています。看護師と看護士の両方を使用していると、紛らわしく分かりにくいので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。向上心のある看護師が看護の技術をより磨いたり、ステップアップするには様々な手段があります。これまでの就業場所から別の病院、医療施設などに転職するのもその手段の1つです。それだけでなく、最新の技術とかもっと幅広い知識を手に入れるためには看護に関わる資格の勉強をするのも能力向上の方法の1つです。時として、看護師は非正規雇用でバイトやパートで働くこともあります。そこで、大事なのが1時間あたりの給与です。正規雇用と比較すると、パート、アルバイトの看護師は給与額に恵まれないこともありますから、やっぱり、時給を高くしてくれないとやりがいが見つけられないですよね。できることなら、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。日々、病院に伺うと次々に患者さんがくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。手際よくこなしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者やその家族の方に説明するなどと、この仕事は、しっかりしていなければできない非常に大変な職業だと思います。とはいえ、その代わり、とてもやりがいがある職業だと思いました。皆さんの中には、看護師の年収は高いと考えている方もいるのではないでしょうか。けれども、ナースは夜勤がないと収入を増やすことができませんから、1年の収入が低いということがあるのです。それで、独身時代は夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、既婚後、夜勤がまわってこない病院に再び勤める方も多いです。看護師は、病院やその他いろいろな医療機関でとても大切な役割を担っているのです。ですけど、病院や医療施設の多くではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現状なのです。未だに、医療の場では、看護師不足の現状を全く解消していません。今後は、ちょっとでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。