横谷の浅利

専ら「AGA(パパ形式抜け毛症)」と言うだけでは、実は精密な部分までその不具合を表現していることにはなりません。というのも、AGAには、いくつかの不具合の各種があり、その不具合ごとに細分化されているからだ。

邦人男性には一際多いと言われているのが、いわゆる「M言葉形式AGA」というタイプであり、これは、おでこの生え際からもうすぐ浸食するように薄毛が進行して出向く型のAGAだ。こちらに対し、頭頂部が薄くなってしまい、スカルプが「O(オー)」のニュースのように現れてしまう型が「O言葉形式AGA」だ。

そして、M言葉とO言葉のAGAを放置した成約招いてしまう、本当に進行したAGAの不具合型に、「A言葉形式AGA」と呼ばれる不具合もあります。これは「U言葉形式AGA」などとも呼ばれるタイプであり、一般的には非常に診察が難しいとおっしゃる不具合だ。

どういうことかと言いますと、実はこういう「A言葉(もしくはU言葉)形式AGA」というのは、M言葉形式AGAとO言葉形式AGAが融合した形のAGAなのです。つまり、AGAの手続き規模としては甚だ重度であり、こういう薄毛を解消するのは、残念ながら随分困難であると言わなければなりません。

M言葉形式AGAは、遺伝を一、パパホルモンやルーティンの壊れ、ひいては圧力などが原因となって発症する薄毛だ。こちらに対し、O言葉形式AGAは、頭頂部付近の血行不良が原因であると考えられています。殊にO言葉形式AGAの場合、退化とともに発症しやすい薄毛ですことから、「壮年形式抜け毛症」と呼ばれることが多いです。

したがって、A言葉形式AGAというのは、M言葉形式AGAとO言葉形式AGAの相互の要素がもっぱらこういう薄毛の原因となっているということがいえます。したがって、これらの要素を一律省くことはだめ。

そしてそれほど要素を挙げるとすれば、やっぱり「薄毛に対する心掛けの低さ」を挙げなければなりません。確かにひと昔前には、AGAなどということばさえ概ね耳にすることはありませんでしたし、また、こうした不具合を発症した際には押しなべて諦めるしか道がなかったわけですから、ある程度「なるように上る」のを待つしかなかったともいえます。

しかし今の時代、AGAは診察可能と来院わたるケースも多いわけですから、M言葉AGAを発症した時点で、あるいは、O言葉形式AGAを発症した時点で、なんらかのソリューションを講じてさえいれば、A言葉形式AGAのような深刻な段階を招いてしまう事態だけはダウンできたかもしれないのです。

ですから、今はまだAGAを発症していないというクライアントは、このことを敢然と覚えておいていただきたいと思います。